• お問い合わせ

    TEL:03‐3560‐4144

  • MAIL

    magic@kiyoshi.tokyo

伊斯許理度売命(いしこりと(ど)めのみこと)

<テーマ>

イシコリドメ命は鏡づくりの神で、指物工芸の守護神としても

崇敬されています。三種の神器の1つ「八咫の鏡」を作った神様

とされます。この鏡は神社の御神体とされている鏡のルーツに

あたります。隠れたアマテラス大神を誘い出すための祭りで

この神が作ったと語られています。イシコリドメ命は天香具山で

とれた金を用いて「日矛(ひぼこ)」(太陽神の寄り代としても

用いられる祭具)を作ったともされます。

天孫降臨神話にも登場し、児屋命(あめのこやね)・太玉命

(ふとだま)・天鈿女命(あめのうずめ)・玉祖命(たまのおや)

と五伴緒の1人としてニニギに随伴したとされます。

この神さまの名前の「石凝」というのは、石を材料とした鋳型に

溶鉄を流し込み、凝固させて鏡をつくるという作業から連想され

たそうです。このことからこの神はさまが銅鏡、銅矛の製造を

職業とした金工の祖先神と考えられているそうです。

神聖な祭具を作り出す金工の技能は、霊妙な神の力を感じます。

そうした職能の霊的な力を神格化したのがイシコリドメ命とされ

ます。鏡は日の神の寄り代であり、農耕祭祀における非常に重要な

祭具、中国では古くから銅鏡は悪霊を退ける力があると考えられ

古墳時代の日本でもそうした信仰があったされます。実際、大型

古墳から出土する銅鏡の殆どは宗教祭祀に使われていたそうです。

銅鏡や銅矛というのは青銅器時代のもの、やがて大陸から製鉄技術が伝わると鉄器にとってかわられ

ていくこといなります。イシコリドメ命はもともと青銅器の神で、鉄の普及とともに登場し

た他の鍛冶や金属加工の神々より、さらに古い神とも考えられます。

イシコリドメ命は、金属加工の神 鍛冶の神

 

<ご利益>

鉄鋼・金物業の守護 産業開発 延命長寿

<神社>

鏡作坐天照御魂神社(奈良県磯城郡)

鞴(ふいご)神社(大阪府大阪市)

日前神宮・国懸神宮(和歌山県和歌山市)

荒石比古神社(石川県七尾市)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ユニオンズ