宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

<テーマ>

宇迦之御魂神は、稲の精霊を神格化した神とされています。

名前の宇迦は食(うけ)と同じ意味で食物の事をさし

基本的な性格は五穀・食物を司る神です。

通称「お稲荷さん」と呼ばれて親しまれています。

ウカノミタマ神は八百万の神の中でも代表的な食物神とされ

ています。食物の主役は穀物、そのなかでも「稲」はその

中心であり主食を保証する神の名前が倉稲魂(ウカノミタマ)

と表記されるのもそういう理由からなんだそうです。

稲荷信仰は奈良時代に発生したものです。伏見稲荷大社の

社伝には「和銅四年(711)に稲荷山三ヶ峰に稲荷神が鎮座

した」とあり、場所は現在の伏見稲荷大社があるところです。

当時その一帯に住んでいた豪族の秦氏で、自分たちの氏神

として穀霊神、農耕神として祀っていたそうです。

ウカノミタマ神は、五穀豊穣の神 諸産業繁盛の神

 

<ご利益>

五穀豊穣 産業振興 商売繁盛 家内安全 芸能上達

<神社>

京都府:伏見稲荷(京都市伏見区)

茨城県:笠間稲荷(茨城県笠間市)

佐賀県:祐徳稲荷(佐賀県鹿島市)

愛知県:豊川稲荷(愛知県豊川市)

全国の稲荷神社、稲荷社は三万二千社、名もない小さな子社まで含めれば四万とも五万とも言われます。

総本社とされるのが京都の伏見稲荷大社で、祭神の稲荷大神が宇迦之御魂神とされています。