• お問い合わせ

    TEL:03‐3560‐4144

  • MAIL

    magic@kiyoshi.tokyo

意富加牟豆美命(おおかむずみのみこと)

<テーマ>

イザナギ命が、亡き妻のイザナミ命を連れ戻そうと

死者の国である黄泉の国に赴くが、失敗して8柱の雷神

と黄泉軍に追われる。地上との境にある黄泉比良坂

(よもつひらさか)の麓まで逃げてきた時に、そこに

生えていた桃の実を3個取って投げつけると、雷神と

黄泉軍は撤退していった。この功績により桃の実は

イザナギ命から「オオカムヅミ命」の神名を授けられる。

そして、「お前が私を助けたように葦原の中国

(地上世界)のあらゆる生ある人々が、苦しみに落ち

悲しみ悩む時に助けてやってくれ。」と命じられた。

桃は中国では仙木とも呼ばれ、邪気を払う呪力があると

考えられていた、元旦に飲む桃湯は邪気を退け、桃膠

(桃の木のヤニ)から作られる仙薬は、万病に効くとさ

れていた桃弓と棘矢が除災の儀礼に用いられていた。

平成22年、奈良県の纒向遺跡(まきむく)で3世紀前半

と推測される土坑から、2千個以上の桃の種が出土した。

祭祀に使われたものとされ、平安時代になると、追儺

(ついな、節分の起源)で鬼を追うための桃弓や桃杖が使われ、

正月には桃の木片で、卯槌(うづち)というお守りが作られた

室町中期には「桃太郎」の説話が成立するがこれは桃が不老長寿

の仙果で、邪鬼を払う呪力があったことに関係するといわれる。雛祭りも「桃の節句」と呼ばれるように、

桃の花を飾り桃酒を飲む風習が見られ、桃の厄災を払う力に係わる祭りとなっている。

 

<ご利益>

『人間が困っていたら助けてくれる』

<神社>

賀茂神社(徳島県阿波市)

赤國神社(京都府綾部市境内社)

行田八幡神社 (埼玉県行田市)

熊野神社(東京都多摩市)

多伎藝神社(島根県出雲市)

新治神社(富山県黒部市)

桃島神社(兵庫県豊岡市)

桃太郎神社 (愛知県犬山市)

おとぎ話の桃太郎をオオカムヅミ命がイザナギとの約束を果たすために生まれ変わって鬼を退治したと解して

オオカムヅミ命を祀っている。全国的にも珍しい桃型の鳥居がある。表記は「大神実命」としている。

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ユニオンズ