• お問い合わせ

    TEL:03‐3560‐4144

  • MAIL

    magic@kiyoshi.tokyo

事代主神(ことしろぬしのかみ)

<テーマ>

コトシロヌシ命は、今日では海上安全の神、漁業の神、商業の神、市場

の神として多くの神社に祀られています。神名の「コト」は、神の言葉

の『言』で、「シロ」は『代理』を意味します。つまり、コトシロヌシ

命は神の託宣を代行する憑坐(よりまし。神霊が憑依する霊能者)を

意味し、本来の性格が託宣神と考えられています。神功皇后伝説では、

皇后に神懸りし、新羅遠征の神託を下したり、壬申の乱のときには大海

人皇子(天武天皇)軍の長官に神懸りして託宣したという伝承もありま

す。また、コトシロヌシ命は「事を知る」という意味にも解釈され、

もともと固有名詞ではなく、一種の役職名だったという説もあります。

古代における託宣を発する呪術の専門家として霊能を発揮した神主や

巫女に対する称号のようなものだったのではないかとも言われます。

コトシロヌシ命はオオクニヌシ命の長子で、国譲り神話のときに父神に

命じられて神の神意をうかがい、その託宣によって支配権の譲渡を決定

しました。そのあと、コトシロヌシ命は「天の逆手」という呪い

(まじない)をしながら、自分の乗っていた船を踏み傾けて海中の青柴

垣(あおふしがき)に変貌させて、そのなかに隠れ去ったとされます。

この天の逆手とい呪術について本居宣長は『古事記伝』に、左右の手の

ひらを外側に向けて逆さまに打ち合わせるという呪いの方法であると

記述しており、どちらかといえば凶事に関する呪術と考えられています。

俗に、相手の言い分を逆に利用して攻撃することを「逆手にとる」とい

いますが、その「逆手」の言霊的な力を認めるところから発生した呪いとする説もあります。

海中に姿を消す行動については、古代の水葬儀礼の反映、あるいは海の彼方の常世の国に

帰ったという解釈があります。いずれにしても不明ですが、昔から漁民の間にあったエビス信仰とコトシロヌ

シ命の関わりを考える上で興味深いものとされます。

コトシロヌシ命は、託宣神 海の神 福の神

 

<ご利益>

海上安全 豊漁 五穀豊穣 商売繁盛 福徳円満 開運 厄除け 病気平癒

<神社>

美保神社(島根県松江市)

長田神社(兵庫県神戸市)

今宮戎神社(大阪府大阪市)

久伊豆神社(埼玉県越谷市)

大湊神社(福井県坂井市)

伊古奈比咩命神社(静岡県下田市)

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ユニオンズ