• お問い合わせ

    TEL:03‐3560‐4144

  • MAIL

    magic@kiyoshi.tokyo

塩椎神(しおつちのかみ)

<テーマ>

古事記や日本書紀におけるシオツチノオジ神は、登場人物の道標の役割を

もっています。海幸山幸の話では、山幸彦が兄の海幸彦から借りた釣り針

を失くし、海辺で悲観にくれているところに現れ、竹で編んだ小舟を作り

山幸彦を乗せて海を送り出します。船は自然によい潮路をたどって海神の

すむ海宮にたどり着き、失くした釣り針を取り戻します。日本書紀では日

向に住むカムヤマトイワレビコ命(神武天皇)に「東方に美き国あり」

と伝え、45歳にして大和へ東征を決意させました。これが『神武東征』

の始まりとされています。シオツチノオジ神を祀る総本宮である塩竈市の

「鹽竈神社」の社伝によると、高天原から地上に降りたタケミカヅチ命と

フツヌシ命が、シオツチノオジ神に先導されて諸国を平定したのちに、

塩竈の地にやって来たそうです。タケミカヅチ命とフツヌシ命はそれぞれ

帰りましたが、シオツチノオジ神だけはこの地にとどまり、漁業や煮塩の

製造法を伝えたと言います。鹽竈神社の分霊を祀る神社は海辺に限らず

内陸にも存在しますが、その場合は安産信仰の色合いが強いそうです。

シオツチノオジ神は、海の神 呪術・予言の神 塩の神

 

<ご利益>

漁業、農業、製塩の産業発展 海上安全 延命寿命 家内安全 安産守護 開運招福

<神社>

鹽竈神社 全国の鹽竈神社の総本宮(宮城県塩竈市)

青島神社(宮崎県宮崎市)

胡宮神社(滋賀県犬上郡)

益救神社(鹿児島県熊毛郡)

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ユニオンズ