• お問い合わせ

    TEL:03‐3560‐4144

  • MAIL

    magic@kiyoshi.tokyo

少彦名神(すくなひこなのかみ)

<テーマ>

スクナヒコナ命は、海の彼方にある常世の国から光り輝きながら渡って

来た小人神です。『古事記』では、天の羅摩船(かがみぶね)というガガ

イモの殻の船に乗り、蛾の皮を着てオオクニヌシ命の前に現れます。

そのとき、造化三神(ぞうかのさんしん)の一神カミムスビ神が「私の手

指の間から漏れこぼれ落ちた子です」といい、わが子のスクナヒコナ命

にオオクニヌシ命と義兄弟になって一緒に国づくりをするように命じた

といいます。今日、私たちに馴染みの深いスクナヒコナ命の姿といえば、

やはり医薬の神としての活躍です。薬師達が崇拝した守護神という意味

合いから、薬神と書いてクスシノカミとも読まれます。その薬神の代表

的な存在といえるのがスクナヒコナ命で、古くから(医薬・薬業の守護神)

として知られています。スクナヒコナ命には、ほかに温泉の神や酒造の

神としての信仰も厚く、いずれにしても身体健康に関わる霊力が強い神

さまです。神仏習合の際に、病気平癒という薬師信仰との共通性から

薬師如来とされています。スクナヒコナ命は、日本神話のなかの人気者

であり、中世の『日本霊異記(にほんりょういき)』の道場(どうじょう)

法師や近世の「御伽草子(おとぎぞうし)」の一寸法師といった「小さ子

(ちいさこ)」のルーツとされています。スクナヒコナ命が

オオクニヌシ命と行った国作りの大仕事は、農業技術、国土開発技術、

そして医療技術の「指導普及」です。とりわけ、スクナヒコナ命の中心

的な業績は人々や動物の病気治療を定めたことでしょう。酒造技術の

普及もその一環です。「酒は百薬の長(さけはひゃくやくのちょう)」というように、古来、

お酒の肉体を興奮させて生命力を高めるはたらきや、消毒力は薬効として大変重宝されました。

その霊妙なはたらきを人々に教えた神さまというわけで、現在でも製薬会社やお酒を扱う会社で大事に

祀られてるそうです。また、湧き出る温泉を初めて医療に用いたというエピソードが『伊予国風土記』の

中の逸文にあります。それによると、あるときオオナムチ命(オオクニヌシ命)が病気になったので、スク

ナヒコナ命が大分の速見の湯を海底を通して運び湯浴みさせると、病状は回復して健康になったそうです。

まさしく湯治ですね。このときに開いた湯が伊予国湯郡(ゆのぐん)の温泉(愛媛県は松山市の道後温泉)

のもとになったそうです。スクナヒコナ命は、大陸の薬祖神である神農神と一緒に祀られており、

医薬に関わる者から厚い信仰を集めています。薬問屋が集まる大阪市中央区道修(どしょう)町の一角にも

少彦名神社があります。この神社は、京都の五条天神の祭神のスクナヒコナ命を分霊して神農神を併せて

祀っており、香具師や薬屋を守護する神とされています。毎年(11月22日、23日)の祭日には、

張り子の虎の笹飾りの疫病除けのお守りのが頒布(はんぷ)されることで多くの参拝者で賑わっています。

スクナヒコナと神農神の結びついたのは江戸時代と比較的新しく、。そもそも農耕神が薬祖神として

日本全国で信仰されるようになったきっかけは、幕府の「薬草園」に祀られたことに始まるそうです。

それが民間の薬草問屋に広がるようになり、古くからの日本の医薬神スクナヒコナ命と一緒に祀られるよ

うになったのです。

 

<ご利益>

国土安寧 産業開発 漁業・航海守護 病難排除 縁結び 安産・育児守護

<神社>

酒列磯前神社(茨城県ひたちなか市)

札幌神社(北海道札幌市)

那須温泉神社(栃木県那須郡那)

御嶽神社(長野県木曽郡)

武蔵御嶽神社(東京都青梅市)

温泉神社(兵庫県神戸市)

大神神社(奈良県桜井市)

湯神社(愛媛県松山市)

大洗磯前神社(茨城県東茨城郡)

温泉神社(福島県いわき市)

少彦名神社(大阪府大阪市)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ユニオンズ