• お問い合わせ

    TEL:03‐3560‐4144

  • MAIL

    magic@kiyoshi.tokyo

猿田彦命(さるたひこのみこと)

<テーマ>

サルタヒコ命は、天孫降臨神話位登場する人気者です。人気の理由は猿

とも天狗ともいわれる怪奇な風貌をしているところにあります。『日本

書紀』には鼻の長さが約120センチもあり、背の丈は約200センチもある

と記されてます。口と尻は明るく光っていて、目は大きくて丸く、真っ

赤な酸漿(ほおずき)のように照り輝いていると書かれています。

サルタヒコ命は高天原から降ってくる天孫ニニギ尊の一行を迎えるため

に天の八衢(やちまた)まで出向きました。ところが、持ち前の異様な

顔が禍して怪しまれてしまい、ニニギ尊に随行していたアメノウズメ命

が、素性を問いただすように命じられてサルタヒコ命と対峙しました。

そして、サルタヒコ命に向かい「おまえは何者か?」と問いただすとサ

ルタヒコ命は「天孫の道案内のために来た国津神です」と答えました。

こうしたやりとりの後、先導を許され、ニニギ尊一行を日向の高千穂ま

で導いたとされます。この話からのちにサルタヒコ命は、導きの神と

考えられるようになりました。神話の道案内役のイメージそのままに

この神の姿を今日でも神社の祭礼でみることができます。それは、鼻の

高い天狗のような面をつけて、高下駄を履き、鉾をもった姿で神輿渡御

(みこしとぎよ※御輿は神の乗り物。渡御は神幸、お渡りともいわれま

す。祭りの時に神さまが本殿から臨時の御旅所に御輿にのって移動する

こと)の先導役の姿です。サルタヒコ命はもともと三重県の伊勢・志摩

地方に縁が深い神さまとされます。というのは、ニニギ尊を先導した後、

ニニギ尊に命じられたアメノウズメ命に送られて伊勢国の狭長田(さなた)の五十鈴川のほとりに帰り、

その地にアメノウズメ命と結婚して住んでいたとされているからです。そののちに、アメノウズメ命はサル

タヒコ命の名をとって猿女君を名乗り、猿女氏の遠祖となったそうです。猿女氏は伊勢地方を

本拠とする海女の一族で、古くから自分たちの祖神としてサルタヒコ命を崇敬していたとされます

さらにその後、サルタヒコ命伊勢の阿耶訶(あざか)の海岸で漁をしているときに、比良夫貝に手を

挟まれて海に引き込まれて溺れたという話もあります。

サルタヒコ命は、道の神 導きの神

 

<ご利益>

延命長寿 災難・方位除け 厄除開運 商売繁盛 殖産興業

<神社>

椿大神社(三重県鈴鹿市)

白髭神社(滋賀県高島市)

巻掘神社(岩手県盛岡市)

高山稲荷神社(青森県つがる市)

大野湊神社(石川県金沢市)

二見興玉神社(三重県伊勢市)

猿田彦神社(三重県伊勢市)

平野神社(滋賀県大津市)

大麻比古神社(徳島県鳴門市)

祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ユニオンズ