• お問い合わせ

    TEL:03‐3560‐4144

  • MAIL

    magic@kiyoshi.tokyo

金山彦命(かなやまひこのみこと)

<テーマ>

カナヤマヒコ命は、イザナミ命が火の神カグツチを生むときに陰部

を焼かれて、病んで苦しみながら吐いた嘔吐物から、カナヤマヒメ

命とともに生まれた神さまです。兄妹神とも夫婦神ともいわれてい

ますが、どちらとも定かではありません。ただ、製鉄の守護神とし

てタタラ(製鉄所)に祀られるカナヤコ神(金屋子神。神話には登場

しない)は、この二神の御子神とされていますから、夫婦と考えてい

いでしょう。基本的な性格は鉱山の神さまです。『古事記』では

この二神につづいて土の神と水の神が生まれたとあるかとから

鉱山で採れた鉱石や砂鉄を大量の水を使って選別し、粘土で作った

タタラに入れて、ふいごによる高熱で溶かして精錬するという

古代の製鉄の様子から連想された神さまだと考えられています。

こうした製鉄との関わりから、鍛冶の神や鋳物(いもの)の神として

も信仰されています。包丁(ほうちょう)の守護神として有名な岐阜

県の南宮大社は、カナヤマヒコ命を祀る全国三千の神社の総本社で

包丁製造業者に厚く信仰されています。社伝によれば、カナヤマ

ヒコ命が神武東征のときに金鵄(きんし)を飛ばし、戦勝をもたらす

霊威を発揮したといいます。これは優秀な鉄製武器の製造技術を

背景にもつ包丁の神のルーツを物語っていると考えられます。

このように、カナヤマヒコ命は、本来の鉱山の神という枠に

とどまらない働きをする神さまです。たとえば、鉱山から掘り出さ

れた鉱石(荒金)は、精錬され加工されてようやく人間の道具となります。人間が便利に使う

道具になって初めて金属文化が生まれます。金属文化がどんどん発達するなかで、

鉱山の神ももとの性格を発展させて、その守備範囲を拡大させたと

そうして剣、鏡、刀、矛(ほこ)、鋤(すき)、鍬(くわ)などを鍛える鍛冶はもちろんのこと、すべての金属に

関する技工を守護する神としても霊力を発揮するようになりました。今日では、鍛冶、鋳物(いもの)などの

金属関係全般の守護神として信仰されていて、この分野では一番の専門的な有力神です。

カナヤマヒコ命とカナヤマヒメ命の子とされるカナヤコ神の「金屋」とは、鍛冶を専業にする人々のことです。

また、神道体系のなかでこの三神を統合した神格として考えられたのが金山大明神(かなやまだいみょうじん)で

いずれも神社の祭神名として見ることができます。カナヤコ信仰の本拠地である中国地方の山間部は、

古代日本の製鉄の中心地でした。それを支えた人々がタタラ師で、彼らが製鉄の祖神として祀ったのが

カナヤコ神で、それがしだいに各地の鉱山や製鉄所などに祀られるようになりました。

カナヤマヒコ命は、鉱山の神 鍛冶の神 鉱物の神

 

<ご利益>

金銀銅山 石炭山の守護 金属加工業の守護 金運 商売繁盛 開運招福 災難避け 厄除け

<神社>

黄金山神社(宮城県石巻市)

南宮大社(岐阜県不破郡)

金峯神社(奈良県吉野郡)

川口神社(埼玉県川口市)

埼玉県川口市(三重県伊賀市)

中山神社(岡山県津山)

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ユニオンズ