• お問い合わせ

    TEL:03‐3560‐4144

  • MAIL

    magic@kiyoshi.tokyo

高御産巣日神(たかみむすびのかみ)

<テーマ>

天地のはじめ、アメノミナカヌシ神の次に現れたのがタカミムスビ神と

されます。名前の「産霊(むすび)」は生産や生成を意味しています。

古くから皇室の祭祀において重要視された神で、豊穣を感謝する秋の

大嘗祭(だいじようさい)や春の祈年祭(としごいのまつり)に祀ら

れます。こうした信仰からタカミムスビ神の基本的な性格が農耕・

生産に深く関係していることがわかります。『日本書紀』によると

タカミムスビ神の事績として、「天地を鎔造した功あり」と記されてい

ます。鎔造(ようぞう)とは金属を溶かして型にはめてものを形づくる

ことです。古代にはこの神が創造神的な偉大な神霊であると考えれてい

たのがうかがえます。『古事記』と『日本書紀』の中でタカミムスビ神

は高木神(たかぎのかみ)とも呼ばれ、天孫降臨や国譲り、または神武

東征などの場面に登場します。そこに描かれる姿は高天原の最高司令神

として祭事、政治、軍事の命令を発動する実力者です。その活動は長老

的な政治手腕に長けているところにあります。娘のヨロヅハタトヨアキ

ツヒメ命を、アマテラス大神の御子アメノオシホミミ命と結婚させて

天孫のニニギ尊を出生させ、ニニギ尊の「天孫降臨」に先立って葦原

中津国(地上)の平定を画策し、地上の王であるオオクニヌシ命に統治

権を譲らせる「国譲り神話」。そして、神武東征では熊野に進行した

神武天皇が敵の反抗に苦しんでいる時に、霊剣「布都御魂剣」を下した

り、八咫烏を派遣したりと神話の様々な場面で登場します。神話で

活躍し皇室の祭祀に非常に重要な役割を果たしている神ですが、民間では祀る神社も少ないそうです。

カミムスビ神一緒に祀られていることが多いそうです。

タカミムスビ神は、造化三神・別天津神 天神地祗の祖神 生命力の本源神 高天原の最高司令官

 

<ご利益>

諸願成就 開運招福 厄除け 縁結び

<神社>

東京大神宮(東京都千代田区)

安達太良神社(福島県本宮市)

四柱神社(長野県松本市)

赤丸浅井神社(富山県高岡市)

高牟神社(愛知県名古屋市)

高天彦神社(奈良県御所市)

御祖神社(福岡県北九州市)

大洗磯前神社(茨城県東茨城郡)

高御魂神社(長崎県対馬市)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ユニオンズ