月読命(つきよみのみこと)

<テーマ>

ツキヨミ命は、黄泉の国から戻ったイザナギ命が禊をしたときに、姉の

アマテラス大神、弟のスサノオ尊とともに生まれた三貴子の一神だそう

です。今日、一般に信仰されている日本の神々は、アマテラス大神に象

徴されるように太陽信仰を源流とする勢力が中心になっていて月神はい

ささか影が薄くなっているようです。しかし、古代では、月に対する信

仰も人々の生活の中でとても大きな位置を占めていたようです。名前の

「ヨミ」は、月の満ち欠けを数えるという意味で、暦日を読み取ること

と関係しているそうです。あるとき、姉のアマテラス大神の使いで食物

神のウケモチ神を訪ねました。喜んで迎えたウケモチ神は、口から吐き

出したさまざまな食物でもてなしましたが、それを見たツキヨミ神は

「なんて汚いことをするのだ」と激怒し、いきなりウケモチ神を斬り

殺してしまいました。そのあまりにも乱暴な行為がアマテラス大神の

怒りをかい、二人の間は不仲となり、永久に昼と夜に分かれて住むよう

になったということです。その後、ウケモチ神の死体から人間の主要な

食物となる五穀が発生し、それをアマテラス大神がとって種にしたとい

うこの話は、「穀物起源神話」として有名です。

ツキヨミ命は、農耕神 海の神 占いの神

 

<ご利益>

農業守護 五穀豊穣 豊漁 航海安全 家内安全

<神社>

月山神社(山形県山形市)

賀蘇山神社(栃木県鹿沼市)

松尾大社月読神社(京都府京都市)

西寒田神社(大分県大分市)

伊勢皇太神宮内・月読荒魂社・月読宮(三重県伊勢市)

その他各地の月山神社・月読社など