泣沢女神(なきさわめのかみ)

<テーマ>

ナキサワメ神はイザナミ命がカグツチ神を生んで死んだイザナミ命の死を

悲しむイザナギ命の涙から生まれた神です。沢は多(沢)のことで、水が

多く流れる出る意味で泉や井戸、胡沼などの水の湧き出る場所を指します。

そこから井戸神として信仰され、生命力の源である水の神として新生児を

守護する神であり、生命長久の神ともされています。昔の日本では葬儀の

時に泣く儀式があり、泣き専門の女性がいたそうです。ナキサワメ神は

その泣き女の役割の神格化とも考えられています。その役目は死者の霊魂

を慰撫するというもとされていますが、古くは招魂(死者の霊魂を招く)

呪術をおこなったものとも考えられています。『古事記』では「香具山の

畝畝尾の木ノ下に坐す神」とされています。この神社は畝尾都多本神社で、

境内跡には泣沢と呼ばれる井戸があり哭沢女神社の御神体となっています。

この神さまの現像は香具山の麓にこんこんと湧き出る井泉に宿る神霊とい

うことなのでしょう。

ナキサワメ神は、井泉神

 

<ご利益>

安産 新生児守護 子育て

<神社>

哭沢女神社(畝尾都多本神社)(奈良県橿原市)

藤竝神社(和歌山県有田郡)