火雷神(ほのいかづちのかみ)八雷神(やついかづちのかみ)

<テーマ>

ホノイカヅチ神は文字通り「雷神」です。雷の恐怖と脅威は、落雷に

よって毎年犠牲者がでていることで理解できます。科学的に理解されて

いない古代の人々にとっては、現代の私達以上にはるかに恐れられてい

たでしょう。しかし、雷は大量の雨を降らせて地上を潤し、農作物を

育む恩恵を持ち合わせます。ホノイカヅチ神はこういった脅威と恩恵を

併せ持つ性格の神とされます。また、民間信仰の雷神は鳴神(なるかみ)

雷電(らいでん)様とも呼ばれ、特に落雷が多発する地域でよく祀られ

ているそうです。落雷から身を守ってくれる神であると同時に、稲作の

守護神として信仰されています。

古事記』によると、黄泉の国(死者の国)の女王となったイザナミ神の

身体から生じた神々です。イザナミ神の変わり果てた姿に恐れ逃げ出し

たイザナギ神を追跡するために、黄泉の国の軍勢を従えて追跡したとさ

れます。頭:大雷神(強烈な雷の威力) 胸:火雷神(落雷が起こす炎)

腹:黒雷神(天地を暗くする力) 陰部:咲(裂)雷神(雷が物を引き

裂く姿) 左手:若雷神(雷雨の後の清々しい様) 右手:土雷神

(雷が土に戻る姿) 左足:鳴雷神(鳴り響く雷鳴) 右足:伏雷神

(雲に伏して雷光を走らせる姿)

ホノイカヅチ神は、雷神 水の神 雨乞い、稲作の守護神

 

<ご利益>

落雷除け 雨乞い 農業守護

<神社>

愛宕神社(京都府京都市)

雲気神社(香川県善通寺市)

阿沼美神社(愛媛県松山市)

雷神社(神奈川県横須賀市)

葛木坐火雷神社(奈良県葛城市)