玉依姫命(たまよりひめのみこと)

<テーマ>

『玉依』とは霊憑(たまより)からきたもので、「神霊が依り憑く」

という意味とされます。同じ「玉依」の名をもつ女神が日本各地に祀ら

れていることから、タマヨリヒメとは「神霊の依りつく乙女(神に仕え

る巫女)」のことをさす普通名詞であると解釈したのは民俗学者の柳田

国男です。つまり、「タマヨリヒメ」の呼称は、コノハナサクヤヒメな

どの固有名詞ではなく、古代の神祭りにおいて重要な役割を果たした

巫女の機能を象徴する呼称という解釈をしてます。そうした神霊が依り

憑く機能に加え、タマヨリヒメ命には女性の子どもを生む力の印象が

強く反映されています。「タマヨリ」の女性は、神婚によって神の子を

宿したり、選ばれて神の妻となります。そういう巫女的な霊力の女性の

総称として「タマヨリヒメ」と呼ぶそうです。神話伝承に登場するタマ

ヨリヒメ命は海神や龍神の娘であったり、それらを祀る巫女だったりし

ました。さらに、タマヨリヒメ命を祭神とする神社の位置する場所は、

多くが水に縁があるところです。これはタマヨリヒメ命が生命の源であ

る『水』と深い関連性があることを示しています。日の神の性格をもつ

神霊と結婚して、神の御子という新しい命を生み出す。すなわち、太陽

とそれを祀る巫女との結婚です。太陽と水のエネルギーが交じることで、

穀物の豊穣が約束されるのでしょう。こうしたタマヨリヒメ命の姿は、

神の巫女との交霊(死者の霊魂が生きている者と交信すること)や民族

的な神婚の秘技など、古代の農耕儀礼の習俗からきているものと考えら

れます。そいうった理由で各地に、それぞれ違った伝承があるのでしょう。また、タマヨリヒメ命はその

御子神と一対に祀られて母子神信仰の対象にもなっています。

『山城国風土記』の賀茂神社縁起に描かれている京都の下鴨神社(賀茂御祖神社)の祭神のタマヨリヒメ命

も個性的な女神です。それによると、タマヨリヒメ命が鴨川で水遊びをしていると、上流から丹塗矢が

流れてきました。その矢はオオヤマクイ神の化身で、拾って帰り寝室に飾っておくとやがて身籠り、

生まれた男の子が上賀茂神社の祭神であるカモワケイカヅチ命だったとされます。こちらのタマヨリヒメ命は、

もともと神霊が憑依する神聖な女性(巫女)でその巫女が新婚によって神の子を生んだと考えられています。

御子神のカモワケイカヅチ命は、山城・丹波地方の開拓神であり、雨水をもたらし豊穣を約束する神霊である

ということから、タマヨリヒメ命の中心的な力はやはり子孫繁栄と考えられます。タマヨリヒメ命は、

一説に八幡宮に祀られている比売神とも伝わることから、多くの八幡系の神社でも祭神とされています。

タマヨリヒメ命は、海の神 水の神 聖母神

 

<ご利益>

子宝 安産守護 豊作豊漁 殖産興業 商売繁盛 開運・方位除け 悪病・災難除け

<神社>

賀茂御祖神社(京都府京都市)

吉野水分神社(奈良県吉野郡)

青海神社(新潟県加茂市)

玉前神社(千葉県長生郡)

知立神社(愛知県知立市)

玉井宮(岡山県岡山市)

筥崎宮(福岡県福岡市)

宇美八幡宮(福岡県糟屋郡)

宮崎神宮(宮崎県宮崎市)