瓊瓊杵命(ににぎのみこと)

<テーマ>

ニニギ尊はアマテラス大神の孫で、「古事記」には本名が天邇岐志国邇

岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめにぎしくににぎしあまつひこひこ

ほのににぎのみこと)、「日本書紀」には天津日高彦瓊瓊杵尊(あまつ

ひこほのににぎのみこと)とあります。名前にある「ニギシ」は豊富を

表す饒(じょう)を意味し、「ヒコヒコ」は日の神の御子が空高く照り

輝くことを意味します。さらに「ニニギ」は稲穂がにぎにぎしく成熟す

ることを意味します。ニニギ尊の長い名前には、「天から日の神の御子

によって地上にもたらされた神聖な稲穂が立派に成長して豊かに稔る」

という意味が込められているそうです。アマテラス大神の長男である

アメノオシホミミ命に代わり、地上に天降ることになったニニギ尊は

まだ生まれたばかりでした。そのため「真床覆衾(まことおふすま)」

という布団に包まれて降臨しました。出発に際しアマテラス大神から

天位継承の象徴とされる三種の神器と、高天原で栽培した稲穂を授かり

ました。多くの随伴神を従えて日向(宮崎県)の高千穂の峰に降り立ち、

そこに宮殿を建てて住み、葦原の中つ国の統治を治めました。成人した

ニニギ尊は、山の神オオヤマヅミ神の娘で美しいコノハナサクヤヒメ命

と結婚。三人の息子をもうけました。その中の一人山幸彦(ホオリ命)

は初代天皇である神武天皇の祖父にあたります。ニニギ尊がアマテラス

大神から授かった三種の神器とは「八咫鏡(やたのかがみ)」、「草薙

剣」、「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」です。これら三種の神器

は、太陽と稲作農耕の関係が色濃く反映されています。まず、鏡は太陽の光を映すもので太陽神アマテラス大神

の御霊代とされます。草薙剣はスサノオ尊が八岐大蛇を退治して獲得した宝剣です。蛇は田の神、水の神とも

関係の深い水神・龍神であり、稲作と密接に関係します。さらに八尺瓊勾玉は、イザナギ命が高天原の統治権

の象徴としてアマテラス大神み授けたものとされます。古事記に「御蔵板挙の神」とあるのがそれで、

ミクラタナ神とは神聖な稲穂が収納されている神霊のことで、稲種を守り翌年の豊穣をもたらす機能をもつ

神とされます。このように三種の神器と稲作農耕は密接な関係があるとされます。

ニニギノ命は、稲穂の神 農業神

 

<ご利益>

五穀豊穣 畜産 国家安泰 家内安全 厄除け 富貴栄達

<神社>

霧島神宮(鹿児島県霧島市)

高千穂神社(宮崎県西臼杵郡 )

箱根神社(神奈川県足柄下郡)

椿大神社(三重県鈴鹿市)

富士山本宮浅間神社(静岡県富士宮市)

新田神社(鹿児島県薩摩川内市)

ニニギ尊は妻神のコノハナサクヤヒメ命が祭神となっている神社に相殿として祀られている場合があります。