経津主命(ふつぬしのみこと)

<テーマ>

香取さまことフツヌシ命は、関東地方を中心に全国に祀られている香取

神社の本拠地である千葉県の香取神宮の祭神で、一般的に「香取神」と

して知られています。日本神話にはフツヌシ命の名で登場しますが、

香取神社の祭神名としては斉主神(いわいぬしのかみ)か伊波比主命

(いわいぬしのみこと)と書かれることも多いそうです。香取神宮は

鹿島神宮と距離も近く、同じ武神を祀り、秋の御船祭には鹿島から香取

まで御船の神幸が行われるなど、神霊同士が非常に近しい関係にありま

す。そのため古来から香取神と鹿島神は霊験あらたかな武神・軍神とし

て並び称され、朝廷や武家に篤く崇拝されていました。日本書記では

フツヌシ命はアマテラス大神の命を受け、天孫降臨に先立ちタケミカヅ

チ命とともに出雲国に降り、国譲りを成功させたとされています。

香取神(フツヌシ命)と鹿島神(タケミカヅチ命)の近しい関係にはこ

うした背景があるんですね。フツヌシ命を祀る香取神宮は武道の道場と

しても知られています。室町時代の中期に発生した飯篠長威斎家直を

始祖とする「天真正伝香取神道流」は、この香取の地を源流とする剣法

です。ある時、長威斎は香取神宮内の聖水が湧く神井を穢した人が即死

したのを見て、香取神の不思議な神威を感得したそうです。そこで長威

斎は境内に住み、昼は梅の木にむかって木刀を振るい続け、夜は神殿の

前で祈念し続けたそうです。そしておおよそ千日後、香取神の霊験によ

って剣法の奥義を開眼したとされます。こうして生まれた香取神道流は、

以後の剣術の発展にも大きな影響を与えたそうです。なお、鹿島神道流の祖で剣豪の「塚原卜伝」

も長威斎の門弟として伝わっているそうです。

フツヌシ命は、剣神 武神 軍神

 

<ご利益>

地震除け スポーツ上達 出世 開運招福 諸災厄除け 延命長寿 憑物払い

夫婦和合 安産 農耕・海上守護 交通安全 殖産興業

<神社>

香取神宮 香取信仰の総本社(千葉県佐原市)

春日大社(奈良市)

石上神宮(祭神は布都御魂神)(奈良県天理市)

枚岡神社(大阪府東大阪市)

大原野神社(京都府京都市)

貫前神社(群馬県富岡市)

そのほか、各地の香取神社、春日神社など。