鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)

<テーマ>

神産みの段でイザナギとイザナミの間に産まれた神である。『古事記』

の葦原中国平定の段では、天鳥船神が建御雷神の副使として葦原中国に

派遣され、事代主神の意見をきくために使者として遣わされた。しかし

『日本書紀』の同段では天鳥船神は登場せず、事代主神に派遣されたの

も稲背脛という別の者になっている。稲背脛は「熊野諸手船、またの名

を天[合+鳥]船」という船に乗っていったというが、古事記では天鳥船

神が使者となっている。また熊野諸手船は美保神社の諸手船神事の元で

ある。これとは別に、『日本書紀』の神産みの段本文で、イザナギ・

イザナミが産んだ蛭児を鳥磐櫲樟船(とりのいわくすふね)に乗せて流し

たとの記述があるが、『古事記』では蛭子が乗って行ったのは鳥之石楠

船神ではなく葦船(あしぶね)である。

 

<ご利益>

交通安全 航海安全 旅行安全 水運守護

<神社>

神崎神社(千葉県香取郡)

大鷲神社(横浜市南区)

隅田川神社(東京都墨田区)

鳥船神社(埼玉県所沢市)