この記事を読む

金山彦命(かなやまひこのみこと)

<テーマ> カナヤマヒコ命は、イザナミ命が火の神カグツチを生むときに陰部 を焼かれて、病んで苦しみながら吐いた嘔吐物から、カナヤマヒメ 命とともに生まれた神さまです。兄妹神とも夫婦神ともいわれてい ますが、どちらとも定かではありません。ただ…

この記事を読む

思兼神(おもいかねのかみ)天八意思兼命(やごころおもいかねみこと)

<テーマ> ヤゴコロオモイカネ命は、高天原の最高司令神とされる タカミムスビ神の子で、天岩戸神話や国譲り神話で知恵を駆使して 解決に導いた神さまです。名前の「ヤゴコロ」とは、いろいろな 立場から考えるという意味であり、「カネ」は兼務・兼任に…

この記事を読む

大山祇神(おおやまづみのかみ)

<テーマ> オオヤマヅミ神は日本の山の神の総元締としてしられる神さまです。 民俗信仰の山の神はその山の周辺に暮らす人々の祖霊であり 農業を生業としていれば田の神のような穀霊、山の民にとっては 木地や炭焼、鉱山や鍛冶の神さまであるように、日本…

この記事を読む

大山咋神(おおやまくいのかみ)

<テーマ> オオヤマクイ神は丹塗矢(赤く染まった鏑矢)に化身 する神霊として知られています。山の神であるオオヤ マクイ神が、美しい勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ) を見初め、トイレに入った時に丹塗矢となってセヤダ タラヒメのほとを突きます。…

この記事を読む

大屋毘古神(おおやびこのかみ)

<テーマ> 天岩戸事件後、追放されたスサノオ尊は息子の五十猛命 (イソタケルノミコト)を連れて朝鮮半島の新羅国に天下り ました。イソタケル命は天から降りるときに多くの木種をた ずさえていました。新羅国で暮らすのが嫌になったスサノオ 尊ととも…

この記事を読む

大国主神(おおくにぬしのかみ)

<テーマ> オオクニヌシ命には多くの話があります。様々な別称があり 八百万の神々の中でもこれほど多くの呼び方をされる神さま はいません。名前が多いということは、それだけ多様な性格 を持っており、力も強力であるといえます。 オオクニヌシ命が縁…

この記事を読む

意富加牟豆美命(おおかむずみのみこと)

<テーマ> イザナギ命が、亡き妻のイザナミ命を連れ戻そうと 死者の国である黄泉の国に赴くが、失敗して8柱の雷神 と黄泉軍に追われる。地上との境にある黄泉比良坂 (よもつひらさか)の麓まで逃げてきた時に、そこに 生えていた桃の実を3個取って投…

この記事を読む

宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

<テーマ> 宇迦之御魂神は、稲の精霊を神格化した神とされています。 名前の宇迦は食(うけ)と同じ意味で食物の事をさし 基本的な性格は五穀・食物を司る神です。 通称「お稲荷さん」と呼ばれて親しまれています。 ウカノミタマ神は八百万の神の中でも…

この記事を読む

石長比売(いわながひめ)

<テーマ> 天孫のニニギ尊が木花咲耶姫に結婚を申し込んだ際に、喜んだ 父神のオオヤマヅミ神は姉のイワナガヒメ命を一緒に差し出し ました。しかし、容姿が醜いイワナガヒメ命を見たニニギ尊は すぐに彼女だけを追い返したそうです。これを知ったオオヤ…

この記事を読む

伊斯許理度売命(いしこりと(ど)めのみこと)

<テーマ> イシコリドメ命は鏡づくりの神で、指物工芸の守護神としても 崇敬されています。三種の神器の1つ「八咫の鏡」を作った神様 とされます。この鏡は神社の御神体とされている鏡のルーツに あたります。隠れたアマテラス大神を誘い出すための祭り…