この記事を読む

豊宇気毘売神(とようけひめのかみ)豊受大神(とようけのおおかみ)

<テーマ> トヨウケ大神は、穀物を生育させる霊力を象徴するワクムスビ神の娘で、 代表的な食物神です。トヨは豊かさを表わす美称で、ウケはケと同じく 食(け)の意味で、伊勢神宮の御饌(みけ)の神として知られています。 御饌はアマテラス大神の食べ…

この記事を読む

月読命(つきよみのみこと)

<テーマ> ツキヨミ命は、黄泉の国から戻ったイザナギ命が禊をしたときに、姉の アマテラス大神、弟のスサノオ尊とともに生まれた三貴子の一神だそう です。今日、一般に信仰されている日本の神々は、アマテラス大神に象 徴されるように太陽信仰を源流と…

この記事を読む

道反之大神(ちがえしのおおかみ)

<テーマ> イザナミがカグツチの出産で死んでしまい、その悲しみから黄泉の国へ とイザナミを迎えに行ったイザナギがそこで、腐り蛆にまみれ穢れた イザナミを見て、逃げ出し、黄泉の国と現世の間に大きな岩(千引き岩) を置いて塞ぎました。その岩のこ…

この記事を読む

玉依姫命(たまよりひめのみこと)

<テーマ> 『玉依』とは霊憑(たまより)からきたもので、「神霊が依り憑く」 という意味とされます。同じ「玉依」の名をもつ女神が日本各地に祀ら れていることから、タマヨリヒメとは「神霊の依りつく乙女(神に仕え る巫女)」のことをさす普通名詞で…

この記事を読む

玉祖命(たまのやのみこと)

<テーマ> アマテラス大神の天岩戸神話にでてくる祭具の1つ「八尺瓊勾玉」。 タマノオヤ命はこれをつくった神とされます。『古事記』の天岩戸神話 では、この神が作った八尺瓊勾玉が太玉串に飾られて大神に捧げます。 その後、天孫降臨のときに大神から…

この記事を読む

建御名方命(たけみなかたのかみ)

<テーマ> 建御名方神(タケミナカタノカミ)は千人がかりで動かす大岩を軽々と 持ち上げる程の剛力の持ち主でした。国譲りの際にアマテラスが送った 使者である武甕槌命(タケミカズチノミコト)に対し、自信満々で力比 べを挑みましたが、軽々と投げ飛…

この記事を読む

武甕槌命(たけみかづちのおのみこと)

<テーマ> イザナギ命が火の神カグツチの首を切り落としたときに流れだした血から 生まれた剣の神さまです。国譲りの神話では、アマテラス大神に命により 地上に派遣され、十拳剣の切っ先を上にしてそのうえにあぐらをかいて 威嚇し、地上の王であるオオ…

この記事を読む

建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)

<テーマ> 天王さまこと牛頭天王はインドの祇園精舎の守護神、または新羅の牛頭 山の神ともいわれる疫病除けの神さまです。スサノオも牛頭天王、 どちらも強力な荒神。そしてどちらも行疫神(疫病をはやらせる神) とされていたためです。スサノオ尊が祀…

この記事を読む

高御産巣日神(たかみむすびのかみ)

<テーマ> 天地のはじめ、アメノミナカヌシ神の次に現れたのがタカミムスビ神と されます。名前の「産霊(むすび)」は生産や生成を意味しています。 古くから皇室の祭祀において重要視された神で、豊穣を感謝する秋の 大嘗祭(だいじようさい)や春の祈…

この記事を読む

少彦名神(すくなひこなのかみ)

<テーマ> スクナヒコナ命は、海の彼方にある常世の国から光り輝きながら渡って 来た小人神です。『古事記』では、天の羅摩船(かがみぶね)というガガ イモの殻の船に乗り、蛾の皮を着てオオクニヌシ命の前に現れます。 そのとき、造化三神(ぞうかのさ…